よもぎ蒸し 不妊

東尾理子さんが妊活中おこなっていた

「よもぎ蒸し」って何?

 

  1. 妊娠成功の秘密
  2. 妊娠の大敵は”冷え”
  3. よもぎ蒸しの効果 (3つ)
  4. おすすめ温活グッズ
  5. 実際の体験レビュー

東尾理子 サプリ

 

妊娠成功の秘密

 

2回の妊活を乗り越えてふたりの男の子と女の子のお母さんになることができた東尾理子さん。

 

結婚して半年、なかなか妊娠しないことから病院に通い始めました。

 

またそれと同時に、自らも妊活に良いことを積極的に試しています。

 

特にからだを温めることに関して、念入りに理子さんがおこなっていたことのひとつに、興味深いものがありました。

 

それが、よもぎ蒸しです。

 

名前だけ聞いてもイマイチどんなものなのかイメージがつきにくいですよね。

 

そこで今回は、東尾理子さんが妊活でからだを温めるためにおこなっていたことを、よもぎ蒸しを中心にご紹介します。

 

 

 

妊娠の大敵は”冷え”

 

妊活に

冷えとりは欠かせない!

 

 

妊娠しやすいからだをつくるには、からだの冷えは大敵です!

 

からだが冷えることによって血行が悪くなり、子宮や卵巣などに十分な血液がいかなくなります。

 

東尾理子 サプリ

 

そうするとエネルギー不足から良質な卵子が作れなかったり、妊娠に必要なホルモンの分泌が足りなくなってしまいます。

 

とくに脳の「脳下垂体」という場所から分泌される黄体ホルモンは、月経周期の高温期に分泌されます。

 

黄体ホルモンは排卵を促して妊娠を継続させるために非常に重要な役割を果たします。

 

冷えることによって血行が悪くなることで脳への伝達がスムーズにいかなくなり、排卵もうまくいかなくなってしまうことがあるんですね。

 

また赤ちゃんが育つ場所とイメージしたら、やはり冷えた場所よりも温かい場所の方が居心地がいいですよね。

 

冷えを解消することで、妊娠しやすいからだをつくるだけではないのです。

 

妊娠した後、妊娠を継続するためにもとても大切なことなんですね!

 

東尾理子さんは妊活を始めた段階で、病院で受けた検査では排卵機能やホルモン値には問題ありませんでした。

 

今の健康状態に甘んじることなく、健康な状態を維持するために努力する理子さんは、非常に素晴らしいと思います。

 

 

 

よもぎ蒸しの効果 (3つ)

 

よもぎ蒸しとは

どんなもの?

 

 

よもぎ蒸しは韓国から産まれた、数百年の歴史がある民間健康法です。

 

よもぎと合わせて数種類の薬草を混ぜて煮出し、その蒸気を当てることで皮膚から成分を吸収させます。

 

東尾理子 サプリ

 

からだの外側だけではなく内側までも薬草の成分が浸透するので、妊活中の女性に嬉しい効果がたくさん!

 

その効果を順番にご紹介しますね。

 

・冷え性を改善する

 

よもぎ蒸しはただ単に手足の冷えとりをするだけのものではありません。

 

椅子の下によもぎや薬草を煮出した入れ物を置き、穴の開いた椅子に座ります。

 

そして肩から大きなカバーを被せて、蒸気を全身に充てるのです。

 

こうすることでからだの中心から温めることができ、芯から冷えを取ることができるんですね。

 

子宮や卵巣などの生殖器も温めて、質の良い卵子を作ったり子宮内膜を厚くして着床しやすくします。

 

・デトックス効果

 

妊娠するためには、体内に溜まった毒素を排出して気持ち良い環境を整えておきたいところですよね。

 

よもぎ蒸しをすると大量な汗をかき、汗とともに老廃物を排出します。

 

また血行が良くなることで便秘も解消するので、さらに腸内の老廃物も排出できます。

 

からだの内側からキレイになって、妊娠しやすい体質に整えていきましょう。

 

・ホルモンバランスも整える

 

よもぎ蒸しによって、女性ホルモンなどの内分泌系を整える作用があります。

 

生理周期によって分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスを整えて、月経周期を整えます。

 

月経周期が整うことで、排卵も毎月きちんとおこなわれるようになります。

 

また辛い生理痛にも効果があったという人がかなり多いんです!

 

排卵が妊活にとって一番重要なことといっても過言ではないので、よもぎ蒸しで毎月の排卵機能をアップさせましょう。

 

 

 

おすすめ温活グッズ

 

よもぎ蒸しパット以外には

どんな温活グッズを使っているの?

 

 

東尾理子さんは、よもぎ蒸し以外にも様々な温活グッズを取り入れています。

 

例えば、めぐりズムの「蒸気で温熱シート」です。

 

これはわたしも愛用しているのですが、カイロを貼るよりも温度が低いので熱くなりすぎないところが良いんです。

 

ホッとするような温かさで腰にジンワリときて、さらに持続時間も短いので低温やけどの心配もありません。

 

お風呂に入っているような温かさなので、夏でも使いやすいところがポイントです。

 

また、腹巻きやレッグウォーマーなどを駆使しています。

 

やはり妊活中はお腹周りと、「首」と名前につくところを冷やさないようにすることが大切です。

 

首と手首、足首ですね。

 

東尾理子 サプリ

 

ここには全身を巡る太い血管が流れているので、3つの「首」を温めることで全身を温めることにつながるのです。

 

韓国製の、生理用ナプキンのようなよもぎ蒸しパットも使用しています。

 

理子さんはからだの内側からしっかりと体調を整えることを中心に、きちんとおこなっているんですね!

 

このようにからだの表面だけを温めるのではなく、きちんとからだの内側から温めることが非常に重要です。

 

理子さんの妊活中おこなっていた行動やグッズを参考にして、からだを温めながら妊活をしていきましょう!

 

 

 

実際の体験レビュー

 

まとめ

 

 

東尾理子さんが妊活中おこなっていた韓国の健康法である「よもぎ蒸し」、そして温活グッズをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

東尾理子 サプリ

 

理子さんはまず、からだを温めて妊娠しやすい体質に改善するということを重点的に活動しています。

 

これがまさに、妊活にとって一番大切なことなんですね!

 

わたしもよもぎ蒸しというのはまだ未体験なので、体験者の声を聞いてみたところ…

 

・汗をかきやすくなって代謝が良くなり、からだの余分なものがなくなってきたように思う!

 

・生理不順で困っていたけれど、よもぎ蒸しを始めてから周期が安定して生理痛も軽くなった!

 

こんな声が続々と届いているのです。

 

これは、理子さんに習ってわたしもよもぎ蒸しを試してみたいと思います。

 

からだの内側から温めて、赤ちゃんの居心地が良い環境づくりに努めたいと思います。