東尾理子 ルイボスティー

東尾理子さんはルイボスティーを飲んでいた!

 

東尾理子さんが妊活に取り入れていたものってすごく気になりますよね!ルイボスティーってご存知ですか?

 

 

 

東尾理子さんの体験

 

東尾理子さんは、原因不明の不妊に悩んでおられました。

 

そして「Trying Get Pregnant 」(妊娠するために頑張っているよ)」通称TGPと呼ばれる、東尾理子さん独自の明るく前向きな不妊治療・妊活で、2人のお子様を授かられ、無事出産されました!

 

東尾理子さんは、色々なものを妊活に取り入れたりしておられましたが、その一つに「ルイボスティー」があります。

 

冷え対策として朝と夜にいただいておられたようです。

 

 

専門医の話

 

不妊治療のスペシャリストである胚培養士の妊活先生と呼ばれている仲宗根 康先生。

 

仲宗根先生によると、「ルイボスティー」は妊娠希望の方の強い味方なんだそうです。

 

ミネラルが豊富で、排卵障害、卵子の質が悪い、受精障害がある方にはおすすめなんだそうです。

 

ルイボスティーと妊活

 

ルイボスティーとは

 

ルイボスティーとは、マメ亜科のアスパラトゥス属の一種、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈という場所の一帯にのみ自生している葉のお茶のことです。このルイボスは、限られた地域でしか育たない貴重な葉で、健康茶として有名です。

 

カフェインが含まれていない

 

1995年、アメリカ合衆国の私立大学であるジョン・ホプキンス大学の発表によると、カフェインは不妊症に大きな関係があり、男女ともに生殖機能が低下し、妊娠確率に影響を及ぼすそうです。なんと1日300r(小カップ2杯半以上)のカフェインを毎日摂取すると、妊娠確立が17%の減少したそうです。ルイボスティーにはカフェインは一切含まれていないので安心して飲むことができます。

 

ホルモンバランスを整える

 

ミネラルは、人間に必要不可欠な栄養素です。ミネラルは体内で合成することができず、食べ物や飲み物から補うしかありません。そのため、食生活が乱れやすい現代人は不足しやすいです。ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれています。ミネラルは、ホルモンバランスを正常に整える作用があるため、不妊原因でもある生理不順などを改善することが期待できます。

 

血行促進効果で機能向上

 

ルイボスティーには、血流を促進する効果があり、血流を良くすることにより卵巣や子宮にしっかり血液や栄養を送ることができるので機能が向上し、卵巣は排卵しやすく、子宮は子宮壁を厚く着床しやすい状態になることが期待できるため、妊娠しやすくなります。冷え性の方にもおすすめです。

 

 

アンチエイジングで老化防止

 

ルイボスティーには、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素という抗酸化作用のある成分が含まれていて、老化の原因である活性酸素による酸化から、体を守ってくれるアンチエイジング効果があります。アンチエイジングとは、お肌を若返らせるものと考えられがちですが、お肌だけでなく、妊娠に関わる子宮や卵巣や卵子などの老化防止にもなります。活性酸素は排卵や着床や妊娠の妨げになるため、ルイボスティーでアンチエイジングするのがおすすめです。

 

取り入れ方

 

水分補給・リラックスタイムに

 

排卵障害、卵子の質が悪い、受精障害があるという方もぜひルイボスティーを試してみましょう。

 

ルイボスティーには、亜鉛も含まれていて、精子の数を増やし、生殖機能を向上させるサポートをしてくれるので、男性も一緒に飲むのがおすすめです。

 

いくつか種類があったり、煮出すタイプやティーパックのタイプなどがありますが、自分にあったものを選ぶといいでしょう。

 

体を冷やさないようにホットで、日頃から水分補給に飲んでいるお茶をルイボスティーにしたり、リラックスタイムにもルイボスティーを取り入れてみましょう。