東尾理子 カイテキオリゴ糖

東尾理子さんは妊活中にオリゴ糖を!

 

東尾理子さんは便秘体質で、妊活中、安心安全なカイテキオリゴというオリゴ糖で便秘対策されたそうです!

 

東尾理子さんの体験

 

東尾理子さんは、もともと便秘だったため日頃から食べ物や運動にはとても気をつけられているそうです。

 

東尾理子さんは、不妊治療・妊活中のことを、できるだけ明るく考えるために、「TGP」つまり「Trying Get Pregnant (妊娠するために頑張っているよ)」とよばれています。

 

東尾理子さんは、TGP生活の時は運動を控えなければならない時期も多かったそうで、うまく便秘対策ができなかったため、安心安全なカイテキオリゴというオリゴ糖を飲んで便秘を解消しておられたそうです。

 

オリゴ糖は、グリーンスムージーにいれたり、グラノーラに入れてみたり、冷たい飲み物や温かい飲み物なんにでもいれられていました。

 

オリゴ糖は、便通がスムーズになるのはもちろん、腸が綺麗になるせいか、体も軽くなり、お肌も調子が良くなるそうです。

 

東尾理子さんは、オリゴ糖をTGP生活以外の時も取り入れられています。

 

 

子宝整体師の先生の話

 

 

宮城県多賀城市 子宝整体師の加藤幹先生。

 

加藤先生によると、便秘は不妊原因になると言われています。

 

加藤先生は、便秘で不妊になるのは、便がたまる場所が子宮の近くにあることから、なんからの悪影響があることが原因だと考えられていて、加藤先生の院では、便秘と冷えを解消しただけで妊娠できた方が、15人中、7名ぐらいはいるそうです。

 

そして、オリゴ糖はものすごく体に優しく、便秘を解消してくれるので、妊活にはオリゴ糖をたくさんとってほしいそうです。

 

東尾理子さん愛用のオリゴ糖、「カイテキオリゴ」は、辺見えみりさんや小森純さん、山田まりやさん、紗栄子さんなども利用されていて、ヨーグルトや牛乳、食事の調味料としても利用されているようで、妊娠中や赤ちゃんや子どもを持つご家庭で大人気です。

 

オリゴ糖と不妊

 

便秘の人は冷え性の人が多い

 

冷えは妊活の大敵と言われていて、冷えにより血流が悪くなることで、子宮や卵巣などの臓器に血液や栄養が送れなくなり、うまく機能しなくなることが不妊の原因になる可能性があるといわれています。便秘の人には冷え性の人が多く、冷え性で血流が悪くなると腸の機能も低下してしまい、便を押し出す力が弱くなるので便秘になりやすくなります。

 

便秘になると便が子宮を圧迫し不妊に

 

便秘の時、便がたまってしまう場所は、子宮のすぐそばにあります。なので便が子宮を圧迫してしまうことで、子宮が血流不足、栄養不足に陥り、子宮機能が低下することで、便秘になると妊娠しにくくなると考えられます。

 

妊活中の砂糖には要注意!

 

白砂糖は、子宮や体を冷やすクーラーの役目をしてしまうため、不妊の原因になる冷え性や低体温を悪化させてしまう可能性があります。さらに、妊娠してからも「白砂糖」を摂取することにより、子宮、卵巣の発育不良、子宮の収縮力減退、妊娠期間の延長、羊水過少症、流産や早産のリスクが高くなってしまいます。オリゴ糖は、体にいいため妊活中、妊娠中は砂糖がわりになります。

 

オリゴ糖は妊娠しやすくなる

 

オリゴ糖は、摂取しても体内では消化吸収されず、そのまま大腸へ届いて、ビフィズス菌などの善玉菌のエサになり、善玉菌の増殖を促進します。大腸内で善玉菌が増えると腸内環境が整い、不妊原因でもある便秘が改善されるといわれていて、便が子宮を邪魔しなくなるので、子宮の機能も正常になり妊娠しやすくなります。

 

オリゴ糖の摂取方法

 

東尾理子さんが妊活中にも利用されていたオリゴ糖のカイテキオリゴ。

 

カイテキオリゴをはじめとするオリゴ糖は、ほんのり甘みがあるのが特徴で、砂糖の代わりに使用するのがおすすめです。

 

飲み物や、ヨーグルトなどにくわえて日頃から継続して摂取し、便秘を改善!妊娠しやすい体をめざしましょう!

 

妊活中は、甘いお菓子や砂糖はなるべく控えてオリゴ糖で代用しましょう。

 

また、オリゴ糖で腸内環境を整えるとともに、しっかり体を温め、冷え性を改善するようにすることも大切です。

 

便秘、冷えを解消するだけで妊娠できたという人もおられるようなので、ぜひ試してみてください。