東尾理子 病院はどこ

不妊治療で二児を授かった東尾理子さんが

通っていた病院とは?

 

  1. 東尾理子さんの成功
  2. 人気&実績のある専門院
  3. KLCの体験レビュー
  4. KLCの口コミ&費用
  5. まとめ

東尾理子 サプリ

 

東尾理子さんの成功

 

東尾理子さんは石田純一さんと2009年末に結婚してから、割と早い段階で不妊治療を公表していました。

 

それから約2年の治療期間を乗り越えて、2012年11月に長男の理汰郎くんを出産しています。

 

そして更に不妊治療を続けて、2016年3月に第二子となる長女を出産しました。

 

そこで多くの人が注目したのが「東尾理子さんが不妊治療で通っていた病院はどこ?」ということです。

 

第一子を出産した時で、すでに高齢出産となっていた理子さん。

 

第二子に至っては40歳になっていたというのに無事妊娠、出産に至っています。

 

これは確かになかなか赤ちゃんが授からなくて悩んでいる人から見れば、かなり羨ましいことですよね。

 

出来れば、理子さんが通っていた病院と同じところで治療を受けたいと考える人も多いでしょう。

 

そこで今回は、東尾理子さんが不妊治療で通っていた病院についてご紹介していきます。

 

 

 

人気&実績のある専門院

 

東尾理子さんが

通っていた病院はどこ?

 

 

東尾理子さんが不妊治療を受けて無事お二人の可愛い子供に恵まれたとなると、気になるのはやはり病院。

 

全国に不妊治療専門病院というのはたくさんありますが、やはり病院によって症例数も違います。

 

医師の治療方針なども変わってくるでしょうし、不妊治療にとって病院選びが非常に重要なのです。

 

東尾理子 サプリ

 

さて、東尾理子さんが通っていた不妊治療専門病院ですが、どうやら加藤レディスクリニック(KLC)というのが有力のようです。

 

芸能界でもKLCに通っていた人は多く、また新宿という東京のど真ん中にあるところも人気のひとつです。

 

理子さんも、仕事との兼ね合いもあってこうした都心にある病院を選んだのかもしれませんね。

 

またKLCは、不妊治療専門病院の中でも有数の症例数を誇る人気病院なんです!

 

まさしく、日本トップレベルの不妊治療を受けることができるというわけなんですね。

 

理子さんが現在二人のお子さんに恵まれたのは、KLCの高度な不妊治療と理子さん自身がポジティブに頑張ってこれたからだと思います。

 

 

 

KLCの体験レビュー

 

加藤レディスクリニック(KLC)の

特徴とは?

 

 

都市部在住で不妊治療を受けている人のブログを見ると、必ずと言ってもいいほど登場する「加藤レディスクリニック」という病院。

 

もともと別の婦人科に通っていたけれど転院した、他の病院で結果がなかなかでなくてKLCに転院したら妊娠できた!

 

そんな嬉しい幸せな声がたくさん聞こえてくる、非常に評判の良い不妊治療専門病院です。

 

東尾理子 サプリ

 

東尾理子さんをはじめ芸能人では、松嶋尚美さんや矢沢心さん、森三中の大島美幸さんなどがKLCに通っていたそうです。

 

皆さん、不妊治療を公表されて無事にお子さんを授かっている方々ばかりですよね。

 

信頼も厚く医師の腕も良いときたら、確かに遠くからでも通いたくなっちゃいます。

 

しかも、土日祝日を含む年中無休で開院しているところもとてもありがたいポイントです。

 

ただし、非常に人気の高いクリニックなので土日祝日の予約はかなり取りにくそうですよ!

 

KLCでは、無理やり薬の力で排卵をさせて体外受精などのために採卵するのではなく、あくまで自然に近い形で治療をおこなうという基本理念があります。

 

そのため、はじめは排卵誘発剤の副作用に苦しんでいた理子さんも、KLCでの治療を始めてからは自然に排卵するのを待って採卵をしています。

 

妊活中の女性のからだのことを、一番に考えてくれているところが嬉しいですよね。

 

理子さんも、表面上ではいつも笑顔でポジティブなイメージですが、先の見えない不妊治療でかなり苦しい思いをしたと思います。

 

そんなときに病院が体だけでなく心もケアしてくれる方針であれば、かなり安心して不妊治療に臨めますよね。

 

結果ストレスも溜まりにくくなり、妊娠しやすくなるという嬉しいサイクルになってくれそうですね!

 

 

 

KLCの口コミ&費用

 

加藤レディスクリニック(KLC)の

評判とは?

 

 

では気になるKLCの評判は、どのような感じなのでしょうか?

 

まずKLCでは、初めて不妊治療をする人に向けて説明会があります。

 

東尾理子 サプリ

 

また院長先生が本も出版されているので、KLCの治療方針が理解できやすいところが良いところですね。

 

やはり不妊治療専門病院を選ぶ基準として相性などもあるので、じっくりと考えることができます。

 

評判として多いのは、やはりしっかりとした「結果」が出ているということです。

 

もちろん皆さん「妊娠すること」を目標に通院しているのですが、口コミを見ると多くの人が少なくとも2回ほどの体外受精や顕微受精で妊娠に至っています。

 

他の病院で「妊娠は諦めなさい」と言われた人でも、無事に妊娠して赤ちゃんを授かっているのです。

 

やはり結果が全ての不妊治療では、こうした勇気が出る口コミは病院を選ぶ上で非常に大きなポイントとなりますよね。

 

あとは体外受精の治療費が成功報酬型となっているところも、口コミでは評判です。

 

無事に妊娠に至った場合は、だいたい60万前後の費用がかかります。

 

残念ながら妊娠に至らなかった場合には、治療の度合いによって3万〜23万程度と割と安く設定されています。

 

これは妊娠判定が出なかったときの精神的ショックが軽減されますし、とても良い料金設定ですよね。

 

理子さんの場合は、第一子の理汰郎くんのときに体外受精を6回してようやく妊娠判定が出ています。

 

そのため、非常に高額な費用がかかっていたことが容易に想像できます。

 

精神的にも肉体的にも経済的にも、非常に辛かったと思います。

 

しかし何とか踏ん張って無事に妊娠できて二人のお子さんを出産できたこと、とても素晴らしいことですよね!

 

東尾理子 サプリ

 

まとめ

 

まとめ

 

 

東尾理子さんがふたりのお子さんの不妊治療をするために通っていた病院はどこなのか?ということについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

理子さんが通っていた不妊治療専門病院は、新宿駅から程近い場所にある「加藤レディスクリニック(KLC)」の可能性が高いということがわかりました。

 

KLCは日本トップレベルの不妊治療専門病院で、多くの芸能人も通った人気のクリニックです。

 

理子さんも高齢妊娠にもかかわらず、無事にふたりのお子さんを出産できたということで医師の腕の良さを感じます。

 

でも病院のことだけではなく、理子さんが夫の石田純一さんと二人三脚で頑張ってこれたからということが一番なのではないかなと思います。

 

夫婦の愛とKLCの治療が合わさって、自然な形で産まれたのが可愛い子供たちなんですよね。

 

KLCに通う、理子さん流に言うと「TGP活動」を頑張っている人が一人でも多く、可愛い我が子を抱きしめられる日が来ますように。